電気作ったことある?

読書と編集 千葉直樹です

突然ですけど、電気作ったことあります?

「あるよ!」って即答する人もいれば、「ん?」って考える人もいるでしょう。

いろんな方法がありますけど、ちょっと前の自転車とかね、ライト用のダイナモ(発電機)ついてましたよね。あのちょっと重たくなるやつ。あれ思い浮かべるとまずいいです。

じゃあ、なんであれで電気ができるの?

これ説明できる人は理科が好きな人ですね。

ダイナモとは形状違いますけど、電線をぐるぐる巻いて、その中で磁石を動かすと電気が起きます。

最近の子どもたちはあんまりやったことないかもしれないですが、僕はおもちゃ用のモーターを対向してギアかなんかでつないでね、片方のモーターに豆電球つないでもう片方のモーターには電池つないで回してやると、豆電球が点くみたいなね、エネルギーの無駄遣いな実験をやったりして、発電の原理を学んだりしたわけですね。

まあ、ぐるぐる回すと電気が起きるということを体感的に知っています。

この話がインターネットの話につながっていくって言うと、「は?」ってなるかもしれないですね。

そういう話を90分で話すチャレンジをします。

ITエンジニアになろう!(3)避けて通れないネットワーク要素の基本講座

????って人が多そうな感じのお話でした。

Follow me!

読書と編集のオンライン講座

マンツーマンオンラインで読書と編集の講座を受講しましょう。3000円/30分から。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください