Gmailをちゃんと使う

読書と編集 千葉直樹です

今朝、家人がGmailの画面を開いて、タグがおかしいと言っていました。ちょっと覗いてみると、あー、そもそもの使い方を誤解しているんだなあと思いました。

メール(E-mail)は歴史の長いシステムです。インターネットの初期から存在するものですから、ざっと50年くらい使われているものでしょう。

それだけにどことでも送受信できる便利さがあります。

しかし、古いシステムであることが災いすることも多いです。迷惑メールなんかはその最たるものですが、実は他にも問題があります。

添付ファイルを多用することとか、大量に来るメールをなんとか分類しようとするストレスとか、そもそもはバケツリレー方式でサーバ間で送受信していた名残からコピーをたくさんばら撒く形になっていることとか。

送れるからいいやと思って使っている方も多いかもしれませんが、今風の仕事をしているところでは「メールはちょっと」と明確に拒絶するところもあるんです。

まあ、それでもわりと誰でも使えるインフラとして定着してるメールを全く使わないというわけにはなかなかいきません。

そんな現状のなかで、実はGmail、古くからのメールシステムとはちょっと違います。たぶんかなりの数の人がGmailを誤解しています。

新しいコミュニケーションシステムへの入り口を随分前から提供しているのですが、とりあえず他のメールと同じ用に見えるので違いがわかりにくいのです。

きちんと使えば他のメールシステムを使うのが馬鹿らしくなるくらいです。ホントに。

今朝そんな事があったので、僕も今日はGmailの中身を見直すことにしました。

なんとなく保存してあるメールでいらないものを消すことにしたのですが、これが案外簡単にできました。すっきり。

まあ、そんなわけでGmail、ちゃんと使ってもらうととても便利なんだけどなあと感じたので、Gmailをきちんと使う講座をやってみることにしました。Zoomオンライン、マンツーマンで指導します。

近々集合形式のZoomイベントでもやってみようかな?でもメールの中身の具体的なアドバイスだったらマンツーマンのほうがいいかもしれませんね。

みなさんも一度メールについて考えてみてください。実はここがストレスなんだよってことあると思いますよ。

Follow me!

きーちゃんは言いたいことがある

きーちゃんは言いたいことがある!
きーちゃんグッズのお店があるんですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください