AlexaアプリでKindle本を聴く

読書と編集 千葉直樹です

「本は読むものだ」というのはまあ常識的なところでしょう。でも耳読をやっているという話もよく聞くようになりました。

紙の本を開いて読むというのはなかなか良いのだけれど、目を取られるというのは他のことをできないということでもあって、本に集中せざるを得ないことになります。たくさん読みたいという気持ちが強い本好きとしては、なにかやりながら本を読めるのであればそれはそれで取り入れたい習慣ではあったりします。

随分前から気になってはいるんだけれど、いくつか試してみて、どうも頭に入らないなと感じたのも事実。

選んだ本が悪かったのかもしれないし、単に練習が足りないのかもしれないと思って、耳読環境から作り直すことにしました。

音読してくれるサービスとしてはAudibleが有名というか、Amazonの傘下にあってよく知られていると思います。これは人が朗読してくれるものです。すごく聴きやすいんですけど、もちろん有料なんですよね。紙の本と電子書籍でも悩むところですけど、それとはまた別に音声版にお金を払うというのはさすがにちょっと考えてしまいます。

で、考えるのはKindleの電子書籍を読んでもらうという方法です。

でも実はこれ、結構大変なんです。Kindle Fire端末が必要なんですね。スマホのKindleアプリには読み上げ機能がないんですね。まあ、音声系はAudibleも使ってほしいでしょうしね。Kindleも売りたいという事情があるのでしょう。

で、代替として、スマホの画面読み上げ機能を使うという方法があります。アクセシビリティの機能を使うわけです。

しかしこれがまた課題があって、図表のところで読み上げが停止してしまうとか、改ページのところで音声が途切れるとか、画面が消えたら止まるとか、まあいろいろハードルがあるのです。

僕が耳読続かなかったのはこの辺の事情もありました。

で、今日はちょっとこれまでのことを考え直して、そういえばAmazonのEchoはKindle本の読み上げができたなと思い出しました。ただ、これ、読み上げ品質が良くなくて、うちにあるEchoは文鎮になりました。一番使いたい機能だったんですけど、それがいまいちだったので、Google Homeに追われてしまったわけです。ちなみにGoogleのスマートスピーカーは未開封の1台を含めて4台あったりします。

今更Echoをセットアップし直すのもめんどくさいと考えていたら、スマホにAlexaアプリがあるのを思い出しました。これ、事実上Echoと同じ機能が使えるんですね。

そこでiPhoneのAlexaアプリに未読になっていた本を読んでと言ってみたら、ちゃんと読んでくれるではないですか。まあ、ちょこちょこ音声が途切れるという残念なところはあるのですが、いつも持ち歩くスマホでKindleの耳読ができるとなれば話はちょっと変わります。

家の中でいろいろやりながら一冊本を読み切り(聞き切り?)ました。

これよいかもしれない。しばらく使ってみようと思いました。

残念な音切れの原因はどうも音声合成にテキストをストリームするところで起きている感じ。こういうところもうちょっと頑張ってほしいなあと思いますね。

というわけで、耳読した本はこれ。

日本食って結構難しいところがあるけど、そんなに構えなくてもいいんだなって思える本でした。日本人が忘れている日本食の話。なかなか良いと思います。

Follow me!

きーちゃんは言いたいことがある

きーちゃんは言いたいことがある!
きーちゃんグッズのお店があるんですよ!

AlexaアプリでKindle本を聴く” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください