ネット接続が遅いと困る

読書と編集 千葉直樹です

テレワークで困ること

テレワークを強いられて、困ったという話でよくきくのは、接続のスピードが遅いことですね。

特に、モバイルWiFi使っていると、その遅さが顕著になっているみたいです。

でも、大抵の人が、今まではあまり困ってなかったんですよ。というか、テレワークやらなかったらたいてい困らない。

それはなぜでしょう。

上りと下りの話

実は、上りと下りのスピード、数倍違うんですよ。っていったら、え?っていう人いるかもしれませんね。

知っている人にとっては当たり前のことではあるんですけど、知らない人は知らないでしょう。

なぜ違うのかと言うと、これまでのネットの使い方って、圧倒的に下り(サーバから端末)のデータ量のほうが多かったんですよ。

すごく転送量が多い動画鑑賞ね、下りを使うでしょう?

今までのネットのアプリケーションはほとんどそうなんです。コンテンツを消費するのが普通だったから。

でね、通信する時に使う、帯域といいますけどね、要するにデータを単位時間にどれだけ送れるかというのは、上限があるわけです。この上限、上り下り併せて上限がある。だから、限られた帯域を使う時、圧倒的に通信データ量が多い下りの方を多くして、上りのほうを少なくするというのは、意味のあることですよね。

それが徐々に変わってきました。

最近まで一部の人が動画の配信なんかやっていて、そういう人はそれなりにこの細い上りに苦労しながらやっていた。まあ仕方ないってくらいの感じでつかっていた。それが嫌な人はちゃんと固定回線維持していました。

でもテレワークでね、みんな上り使うようになってきちゃったんですよ。

テレワークだけじゃなくて、趣味とか副業とかでも上り使うようになってきましたよね。

ひかり回線を引いている人は、そもそものスピードが速い上に、上り下りにほとんど差がない事が多いんです。

でもモバイルは違う。

だから、僕は接続代安くしたいから固定回線止めてモバイルにするという人はできるだけ慰留してきました。これからモバイルじゃ遅くて困ることがでてくるよって。

これ、あんまり説得力なかったんですよ。固定回線と比べたらモバイルWiFiとか月額料金が半分くらいだったりするし、まあ、下りばかり使うライフスタイルならあまり影響なかったんです。

しかーし。

あっという間にテレワークですよ。動画ストリーミングしまくりですよ。それ以外でも仕事では会社からダウンロードするばかりなんてことはなくて、同じくらいアップロードするわけです。

こりゃね、パンクしますよね。速度も、いわゆるギガも。

そういうことなんです。

今後のこと

このね、上りも結構使うよねっていうトレンドはもう変わらないと思います。

ある意味でこれまでのモバイルネットワークでは足りないというのがホントに現実になったわけです。

すったもんだで5G(このGはジェネレーションのG)がはじまったようなはじまってないような感じですけど、これもっと早く展開しないといけないですね。

モバイルネットワークは一気に社会全体のボトルネックになってきているのです。

ひかりは?って考えるとね、これ、実は光ファイバー自体は結構使いでがあるものでね、両端の装置を取り替えることでスピードアップできる余地があります。

今まで理論値1Gビット/秒(転送速度の単位)だったのが2Gビット/秒とか10Gビット/秒とかにわりと速やかに移行するでしょう。

5Gも頑張ってますけどね、たぶんしばらくはその上を行くことになると思います。

やっぱり固定回線確保しておいたほうがいいですよ。

と、昨日1.6GB(これはギガバイトっていう量の単位)の動画ファイルをアップロードした僕は思いました。

5Gだって別に速くないよ。この調子だと。

しかし至るところにGが出てきてなにがなんだかわからない人がやっぱりいそうだなあ。

Follow me!

きーちゃんは言いたいことがある

きーちゃんは言いたいことがある!
きーちゃんグッズのお店があるんですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください