野望に一歩近づいた

読書と編集 千葉直樹です

野望?

前からずっと考えていることがあって、そのパーツとなるツールや技術を少しずつ習得しています。

たぶん世の中にはすでに存在しているのではないかと思うのですが、それが誰でも使えるかと言うと、まだまだかなと思うものです。

それは、アバターに話をさせることです。

ガクッときた人もいるかもしれません。

すごく簡単に言うと、こういう文章を、アバターに読ませるということですね。

音声合成をおこなえるツールというのは結構世の中にあって、配信動画の中で使われていたりします。コレ自体は別に珍しくない。

僕がやりたいなと思っているのは、自分オリジナルのアバターを使って、自分の文章を読んでもらうことなんです。

そうすると、今取り組んでいるオンライン教材をつくることも、ちょっと違ったやりかたができる。

ただ、オリジナルアバターを作るのって、まだ一般的とまでは言えないのですね。

お勉強しました

昨日、「リモート会議用アバター作成講座」というYoutubeの配信がありました。

SUNABACOというオンラインスクール/コワーキングスペースというだけでは語りきれない面白い場所があるのです。

そこのスタッフの方がVroidStudioを使ってアバターを作る方法を配信してくれました。

僕は絵を描くのが苦手です。せいぜい景色をざっと描くくらい。目の前に見えるものを紙に写し取ることしかできません。

想像力を使いながら絵を描くということがすごく苦手なのです。

だから、絵を描き慣れている人が描いている手順を見るとすごく不思議に思うんです。

絵が上手に描ける人はモノをよく観察していて、さらに描いていく時にはある程度の定石を使っていくのですね。

たぶん僕が理解できていないのはここなのです。

VroidStudioはいつもつかうパソコンにはインストールしてあったのですが、どうもうまく使えませんでした。

VroidStudioでは、雛形となるモデルがあって、それを改造していくという方法でオリジナルのアバターを作っていきます。

とはいっても、パラメータで設定するものもあれば、実際に描いたり、その色を設定したりということを行わなければなりません。

昨日の講座では、まずこれをやったらいいよ。次はこれをやるといいよという感じで、うまく使う機能を選んで説明してくれました。実際に手を動かしながらアバターを作っていくことができます。

もちろん最初からうまくいくわけではなく、髪の毛を描くのには相当な苦労をしましたが、一応カタチにして、それをVroid Hubというところにアップロードして、3teneというアプリケーションに読み込み、顔の向きや口の動きを自分の動きにシンクロさせるというところまでやることができました。

さらに、3teneの画面をOBS Studioでキャプチャして、それをZoomの画面に流し込むこともうまくいって、とりあえず自分オリジナルのアバターで「バ美肉」デビューすることができました。

髪の毛がうまく描けなくてボサボサですが、こんな感じ。

アバター自体は、頑張れば作れそうです。髪型とか服装とか、作って公開(販売)してくれているものがあるので、それを組み合わせる方法でもオリジナルアバターが作れます。

僕は長女にお願いして難しい髪の毛とかを作ってもらおうかなと思ったりしていますが、上手にできる人にお願いするというのもいいですね。

あと、日頃から人の身体の構造とか顔の造りとかあまり考えてこなかったなあということを実感しましたので、自分がいいと思う顔形などをじっくり観察するようにしようと思いましたね。

まあ、いずれにしても、アバターはなんとかなりそうです。

次に調べていくこと

次は音声合成と、それを用いたアバターのリップシンクの方法、さらには身体表現(動き)の付け方かな。

発声する文章をある条件で自動生成し、それをアバターに話してもらうのです。

どんな声を選ぶか、どんな風に話すと効果的に聞こえるのか。

できれば、もとになる人の声を使って自由に話せるのが理想です。

本当の野望

これはある程度の量の知識を持って、アバターが自発的に話せるようにすること。

自分について蓄積した情報をもとに会話ができるようにすることです。

実は僕がせっせといろいろなところに雑文を書いたり動画を撮ってみたりしているのは、生きているうちにそういうことができるようになるのではないかと思っているからです。

ぼくがいなくなったあともたまに家族や知人が話すことができるって、ちょっとおもしろいんじゃないかなあと本気で考えています。

不気味?

そうかもしれません。

でも写真や動画が残るように、自分の分身が動的なコンテンツとして残るのもさほどおかしなことではないような気がするのです。

まあ、そんな野望へ一歩一歩進んでいくのはなかなか楽しいものなのです。

さて、今日はアバターモデルの改造の勉強をします。blenderを使うのです。楽しみだなあ。

Follow me!

きーちゃんは言いたいことがある

きーちゃんは言いたいことがある!
きーちゃんグッズのお店があるんですよ!

野望に一歩近づいた” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください