お客様のツールのひとつとしてホームページを作ることのメリット

読書と編集 千葉直樹です

IT導入相談から

読書と編集ではITの導入に関する相談を業務のひとつにしています。

僕は最初のヒアリングでビジネスの内容についてじっくり教えていただきます。そして、お客様が課題と感じていることをお聞きします。

その過程で課題の本質はなんだろう?と考えていきます。

この時、どうしても僕はITが専門の立場で物事を捉えてしまうので、少しそれを脇に置いて考えるようにしています。

お客様が得意としていることは何か、もっというと好きなこととか大事にしている価値観はなにかを考えながらいろいろなお話を伺っていきます。

もちろん、目の前の課題を解決する方法についてアドバイスはさせていただきますが、それよりもビジネスがよりうまくいくためにはどうしたらよいかを考え続けるのです。

そして、お会いしたときの第一印象も大切に記憶しておきます。お話しているうちに少しずつわかってくるお客様のイメージをお客様のお客様であるエンドユーザに伝えるにはどうしたらよいかを真剣に考えます。

その過程で、あるお客様はホームページを作成することになりました。

ここで直感的に大事だなと思ったことがあります。そのお客様は自分の足で顧客を集めることが得意であり、エンドユーザとコミュニケーションすることを楽しんでいる。ということです。

方向としてホームページを作ることにはなりましたが、それはお客様の得意なことをサポートするものであることがポイントになりそうだと思いました。

ホームページはツールのひとつ。それ以外に目配りをしていかにビジネスを広げられるかが本質的な課題なのですね。あたりまえのことではありますが。

やってみたこと

ただ、ホームページから派生的に考えられることはいろいろあるのです。

僕の直感は、お客様が大切にしているコミュニケーションをサポートするためには、お客様のことをエンドユーザの方々によく知ってもらうことだということでした。

そのために、「まずはプロフィールを作りましょう」というお話をしました。

幸い、プロフィールの作成をお願いできるプロの知り合いがいましたので、その方のプロフィール作成講座を受講していただき、さらにプロフィール作成を依頼していただきました。

プロフィールといえば写真も大切だと考えたので、これも知り合いの写真家の方に撮影を依頼することにしました。

お客様は自分のビジネスを立ち上げる過程にあります。僕の基本的なスタンスは、できるだけお客様に自分で物事を動かしていただくことです。導入するツールはきちんと自分で把握して、作業的な部分については他者に任せるという考え方を持っていただくようにしています。

ですから、プロフィールの作成過程も学んでいただき、その上で作成をプロに直接依頼していただきました。

写真の撮影も必要な写真の洗い出しや写真家の紹介を基本とし、撮影まで直接話し合ってやっていただくようにしました。僕もホームページを作成する実作業者の立場で情報整理に参画しますが、主体はお客様です。

ホームページを立ち上げるところも、ドメインの取得やサーバの契約はお客様にやっていただきました。もちろん、技術的なサポートは提供しますが、それ以外に「名付け」のサポートも行いました。

「名付け」はとても大事です。とくに後で変更するのが面倒なメールアドレスやドメイン名は真剣に考えなければなりません。使いやすさも考える必要があるし、独自性の高さや、似たような名前で印象の悪いものはないかなどのチェックも大切です。そして、お客様自身が愛着を持てるものであることが一番大切。

ビデオ会議で、ああでもないこうでもないと話し合いながら決めて、大事な部分の契約はお客様手づからやっていただくのです。

サーバの設定は作業に近いものなので僕が代行して行うこともありますが、基本はお客様にやっていただく。

そのためには背景や技術的なこともお話します。細かい技術を覚えるのではなく、なぜそうしなければならないのかを知っていただくのが大切だと思うからです。

そして、自分が作ったという愛着がなにより大切。

仮のサイトでプロトタイプを作り、議論しながら、本番サイトはこのようなやり方で構築していきました。

これらのことを進めていく中で、いつも僕が考えていたのは、毎回の打ち合わせをいかに楽しんで頂くかということでした。どんなに難しいことをやるとしても、「できた!」「楽しかった!」と思っていただけるように。そして、僕自身もお客様のビジネスを楽しんで知ることができるように。この考え方は面白い効果に繋がりました。

楽しんだ効果

プロフィールをはじめとしたホームページで使う写真は、ホームページだけでなく、名刺やフライヤーなどにも使えるものを撮りましょうということで、撮影には僕も参加していろいろな話をしながら実施しました。

すると、こんなものも作ってみたいとか、これをやってみたいという意見がいろいろ出てくるようになりました。

それは僕にとってとても学びになりました。

ホームページにあるブログに、自分の思いを書いたり情報発信をするのは自分の資産になるということもお客様自身の気付きとしてフィードバックいただきました。

少し詰め込みすぎたかな?と心配になることもありましたが、僕自身の思いもある程度お伝えできたなと思います。

まとめ

僕のIT導入相談は、こんなふうにお客様とともにビジネスを発展させるためにやれることを一緒に考えることを中心としています。

まとめるとこのような感じになります。

  • 使う手段はITに限りません
  • 一過性ではなく、後々様々な使い方ができるものをご提案させていただきます
  • 逆に言うと、ITを手段として自分で上手に活用できる力をつけていただけるサポートをします
  • やり方はお客様によって違いますが、お客様が主体的に考えて長く使えるモノを大切にします

今後もお客様のビジネスを成功させるという視点でサポートをさせていただきたいと思っています。

各種のコンサルティングについてのお問い合わせはこちらからどうぞ。

Follow me!

読書と編集のオンライン講座

マンツーマンオンラインで読書と編集の講座を受講しましょう。3000円/30分から。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください