そうか。Googleニュースで「読書」と検索するとよいのか。

読書と編集 千葉直樹です

ちょうどよく検索するテクニック

ネット検索の欠点

ネット検索と言ってもさまざまですが、「ググる」なんて言葉があるくらいですからね、Googleで検索するというのはよくあることでしょう。とりあえず疑問に思ったら検索してみる。そんなことが当たり前になりました。これはとても便利ですよね。

でも、ちょっとつらいなと思うこともあります。一般的なGoogleの検索、フリーワードで検索できるし、まあ、ある程度の自然文でも検索できて、常に進化し続けているなあと感じる反面、目的が中途半端にある場合は検索キーワードを工夫しなければならなくてめんどくさくなることがありますね。

僕の場合は「なにかおもしろい本はないかなあ」と思ったときに丁度いい検索ができなくてうーむと思うことが多いです。

アマゾンの検索なんかね、ぜんぜん使えません。なぜかというとオススメが強すぎるんです。この本買ったり検索したりしているんだからこの本おすすめしまっせって言われると、ちょっと嫌じゃないですか?

いや、たしかに便利な時もあるんですけど、もっと出会いを求める気分というのがあるじゃないですか。そういうときにリコメンドっていうのは邪魔になることがわりとありますよね。

本屋さんでとりあえず新刊コーナーとかベストセラーの書棚を見るときみたいに特段の目的なく見たいということを、なにか手軽にやれる方法はないものかなあと思っていました。

そんなことをいろいろ考えてパソコンをいじっているうちに、さっき、偶然というか、思いつきでいい方法を見つけました。

ニュースを検索する

それが、

Googleニュースのサイトで「読書」を検索する

という方法でした。

僕はパソコンのブラウザにいつもGoogleニュースを置いています。結構そういう人は居ると思うんですけど、僕はブラウザにやたらとタブが並ぶ人です。その中にGoogleニュースが必ずあるということですね。

で、仕事をしながら、たまにGoogleニュースのタブをあけて、なにか新しいニュースがあるかなあと見るわけです。たいていは「トップニュース」を見て、サイドバーにあるカテゴリをちょっと選んで記事を見たりもする。

まあ、だいたいそれだけなんですけど、敵はGoogleニュースですからね。一番上にちゃんと検索バーがあるんです。

他のニュースサイトはだいたい虫眼鏡アイコンを押して検索画面が出たりするもんですけど、Googleですからね、ちゃんといきなり検索できるようになっているわけです。

これ、当たり前過ぎて見逃していたんですね。

んで、今日はふとそこに「読書」と入れて検索してみました。

するとどうでしょう。読書に関するニュースが絞られて出てきました。

当たり前ですよね。Googleニュースサイトから検索したんだからね。

でも、これ、やってみるとわかるんですけど、特に目的の本がない状態で書店で新刊とかベストセラーの棚を見るのと似ているんですよ。

本だけじゃなくて、読書の仕方とかそういう話題ももちろん出てきます。

同じことを普通のGoogleでやると、対象があまりにも広すぎて使い物にならないんです。

Googleニュースで検索した時は、ある程度編集された「ニュース」という括りのなかで「読書」を絞っているからかなり読みやすいのです。そう。書店の棚もそういう意味ではその書店の意思で編集されたものだということができるかもしれません。

こうやってみると、「編集」の大切さがわかりますね。

ぜひ、Googleニュースで「読書」と検索したものと、普通のGoogleで「ニュース 読書」と検索したものを比較してみてください。どっちが見やすいか。たぶんGoogleニュースのほうが見やすいと思います。

やってみたら便利だったので発作的に記事にしてしまいました。

Follow me!

きーちゃんは言いたいことがある

きーちゃんは言いたいことがある!
きーちゃんグッズのお店があるんですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください