憑依っていうとちょっと怖いけどね

憑依ってなんだ?

1.頼りにすること。よりどころにすること。

2.霊などがのりうつること。「悪霊が憑依する」

goo国語辞書

なんだそうです。

2は怖い^^;

というわけで、ここで話すのは1の方のような気がしますが定かではありません。

成り代わって考える

僕は文章を書く時に「対象になりきって書く」ことがあります。

例えば、Facebookに、こんなのを毎日書いています。

「きーちゃんはどんな気持ちだんだろうなあ」といつも考えていて、こんなことを思っているんじゃないかなあというのを書いているのです。

家でよくきーちゃんの代弁をすると、家族にはとても評判が良いのでこんなことをはじめたのですね。きーちゃんは「そんなこと思ってねえよ」って思っているような気もしますが。

これ、案外役に立ちます。

お客様のビジネス用のホームページを立ち上げて、そこでブログを書いていただいたりするのですが、ブログもなかなか慣れないと難しいことがあります。そこで、まず原稿を下書きしていただいて、それを編集するということをさせていただいています。

その時に、思いっきりお客様になりきって書くのです。

お客様が表現したいと思っているだろうことをよく考えて文章を変えていきます。なかなか難しいのはお客様の文章の書き味のようなものを踏まえて、より伝わりやすい文章に仕上げていくということです。

このとき、書き味を残すためには、徹底的にお客様のことを考えます。イメージする。もう本当に本人になったつもりで書く。

そして、書いたものをお客様に読んでもらって、言いたいことが違っていないか、違和感はないかを確認していただいています。

僕にとってはこのプロセスがとても楽しいのです。

「読書と編集」のコアはここにあります。

徹底的にお客様がやりたいことを考える。ホームページはその手段にすぎません。お客様がやりたいことのためにできることを増やすのです。だから必要と考える勉強もしていただいています。

一緒に考えることが楽しいと思っていただけるお客様と仕事をする。そこは譲れない。

その基本を忘れないために、違和感を持たれることも多い「読書と編集」を屋号にしているのです。

変ですかね?

Follow me!

リモートワークはGmailから始めよう

Gmailはただの電子メールシステムではありません。
仕組みをきちんと知ることで、インターネットの性質をフルに活用して仕事をすることができます。
知っているようで知らないGmailを学びなおしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください