【今週の計画】20210222

読書と編集 千葉直樹です

先週の振り返り

先々週から、やりたいと思ったことは大小問わずやるというチャレンジをしています。

去年は時勢からオンラインでできることが増えて、家から出ずにいろいろなことをやってみました。徹底的に家から出なかったのですが、それでも人とのつながりは切れず、新しいつながりもできたりして、案外面白く過ごすことができました。問題はやっぱり運動不足になることと、リアルな世界だけで生きている人たちとのつながりが作れないことでした。

それで今年のはじめからあえて外に出る用事を作るようになりました。

先週は、お客様が出展するイベントにお邪魔したり、一緒に占星術をテーマにYoutubeを作ってみたりしたことがある方のオラクルカードのトークイベントを聞きに行ったりしました。リアルの世界でしか得られない情報はまだまだあるし、なによりセレンディピティの量が大きいのですね。

もちろん、そのためには自分の感覚を磨いておく必要もあるとも思います。電車やバスで、スマホの画面ばかり見ないで外を見よう。って感じ。

水星逆行が始まってから、「逆の方を見る」というのを意識してみました。特に、人の言動を立場を変えて考えることを強く意識して過ごしてみました。そうすると、思考のレベルが変化することに気づきました。水星は昨日から巡行に戻りましたが、この「逆の方を見る」というの、習慣にできたような気がします。あまりクヨクヨしなくたって、ストレスが減ったように思います。

僕は運命論的に考える占星術は嫌い。あくまでも情報として捉え、将来を作る方法を考えるための技術として使いたいと思っています。

考え方が単調になるのを防止する意味で、偶然の力を使いたい。イメージするための情報を増やすために、オラクルカードも面白いなと感じたので、カードを2つ入手しました。

外に出かけることで得られたものはたくさんありました。これも学びとしては大きいですね。

Clubhouseで話す機会は2回あって、話すということについてもよく考えるようになりました。話し手としてのプロが考えることを教えていただける機会もあって、「やってみよう」と思ったことを実際にやってみると得られるものがたくさんあると実感しました。

Clubhouseの配信は土曜日11:00から継続していきたいと思っています。話し相手になってくれる方々に感謝です。

仕事らしい仕事は淡々と進めました。これも学びだらけ。学ぶ姿勢を堅持していると仕事は楽しいですね。

さて、今週は

20210222

今週は早くも2月末。ちょうど満月あたりで3月になります。

満月に向かって詰め込めるものをどんどん詰め込んでいきます。週末でひと区切りして、来週は詰め込んだものを吸収、回収していく段階。そういうイメージで進めていきます。

27日土曜日午前11:00のClubhouse配信は、テーマを「ファイターズ検定」として、話すための話題の集め方やどんな年令になっても学ぶことについて話していきたいと考えています。

進行中のプロジェクトのひとつの山場にもなります。まず形を作る。そこから変形していく方法をどのように伝えていくか。よく考えて進めます。

タイトルにとった「ひとりと向き合う」は、孤独と向き合うということではありません。今、目の前にいる人にきちんと向き合っていく。という意味です。相手に対して何ができるのか瞬間瞬間に考えていく。そういう意味では自分と向き合うという意味でもあります。

失敗に足を取られずに前進する力をつけたいと思います。

フューチャーマッピングについて学ぶには

僕はフューチャーマッピングについては、基本をこの本で学びました。

10X朝活は、10月からリニューアルされています。Youtube配信と会員用のZoomが別れたので見やすくなったんじゃないかなあ。ひとまずここで実践から入って、これは本当はどういうことなんだろう?と思ったときに上記の本を読み始めると良いかもしれません。

何枚も書いているうちにわかってくることがあります。

ぐにゃぐにゃの曲線の意味、使い方、徐々にわかってきた感じがします。

油断はできないけれど、春っぽい明るい兆しが見えてきた感じ。今年は新しい価値がどんどん生まれてくるような気がします。本番です。

Follow me!

リモートワークはGmailから始めよう

Gmailはただの電子メールシステムではありません。
仕組みをきちんと知ることで、インターネットの性質をフルに活用して仕事をすることができます。
知っているようで知らないGmailを学びなおしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください